シミの原因

シミのメカニズム

夏になると気になるシミですが、メカニズムはどうなっているのでしょうか。太陽光線には皮膚に有害な紫外線A波、B波、C波の3種類があります。C波はオゾン層にほぼ吸収されるため、地球には届きません。A波は、そのほどんどが地表まで達します。A波を浴びると肌が黒く日焼けします。B波は肌が赤くなる日焼けをおこします。たくさん浴びると、免疫力の低下、白内障をおこすといわれています。

紫外線は、体内にビタミンDを合成しますが合成に必要な紫外線量はごく微量で足ります。食品からも摂取することができます。たくさん浴びると遺伝子を傷つけ、皮膚ガンの原因にもなります。紫外線が体内に入りこまないように肌を黒くさせ防御するのです。紫外線があたると、皮膚の細胞の中のメラノサイトが刺激され、メラニン色素を出します。

これが肌の黒さの元です。メラニンによって紫外線の肌への吸収を防いでいるのですが、過剰にメラニンが作り出されると残ってしまう場合があります。通常は4週間ほどで肌が生まれ変わり、メラニンが皮膚の表面まで押し出され、はがれていくのですが、加齢などで新陳代謝が悪くなると、メラニンがうまく排出されなくなり皮膚内に残り、シミとなるのです。

一度できたシミはすぐには消えません。また、夏に紫外線を浴び、ケアをしていないと秋や冬になってシミがあらわれてくるケースもあります。紫外線は夏だけではなく、年中その強さに違いはありますが、日焼け止めを塗る週間をつけ、対策を行いましょう。