シミ予防日焼け止め

スプレータイプ

最近では、スプレータイプの日焼け止め商品も増えています。手や足の広範囲に日焼け止めを塗る際にはとても重宝するアイテムです。素肌の露出の多い夏にはおすすめです。

無香料のもの、柑橘系の香りのもの、ウォータープルーフ効果があるもの、逆さにしても使えるものなどがあります。顔に使えるタイプのものは、つける際に目に入らないように注意が必要です。汗をかいた後の塗り直しも簡単です。

クリームタイプでは塗りにくい、首の後ろ、足の後ろ側などにも届きますので、塗りムラが少なくなります。スプレーですので、思った以上に減りが早いという意見もあります。海や旅行などのレジャー、屋外でのスポーツでの利用に適しています。

人気商品は、マリクレールのパフィーキスUVプロテクトスプレー、コパトーンのUVカットスプレー、オルビスのサンスクリーン(R)スプレー、サンカットのマイルドUVプロテクトスプレーなどです。価格も1,000円前後とお手頃です。スプレータイプは主に20代前半の女性に広まっているようです。

スプレータイプに限らず、様々なタイプの日焼け止めがありますが、SPFやPAの値や、顔用、ボディ用など部分別を確認し、間違いのない使い方をしましょう。肌に合わない場合は、すぐに使用を中止しなければなりません。

日焼け止めは他のメイク用品と違って、肌への負担が大きくなります。メイク落としの際には念入りに日焼け止め成分を洗い落として、肌の生まれ変わりを阻害しないように注意しましょう。